FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式

結婚式

結婚式


二人だけで教会で挙げる予定が、親と妹家族もかけつけてくれました。
私はさんざん迷った挙句、最後の振袖を着ることにしました。

牧師婦人はブーケと、彼のスーツにつける花も作ってくださり、
会堂も花で飾ってくださいました。

教会での式は式場のそれとはずいぶん違います。

キリスト教において、結婚とは神聖なものです。
好きだから結婚するというものではなく、相当な覚悟がいります。

たとえば、「病めるときも、健やかなるときも…誓いますか?」
      「はい、誓います」

ってイメージですよね。
だけど、我々は誓ってはならないのです。
私、弱いから。なので、

「あなたは、***が病気の時にも、健康な時にも、他の者が見捨てるようなときにも、
妻(夫)として守りますか?」

「神の助けによって、約束します」

となります。
何事も神の助けなくては約束すらできない弱い生き物なのです。


そして、指輪が清められ、祝福されたあとに交換します。
誓いのキスもありません。


ただ、握手をします。
そして、その二人の手に牧師がストールを巻き、「父と子と聖霊の御名によって」夫婦であることが宣言されます。その宣言の最後には、「神が結び合わせてくださったものを、人が離してはならない」と言われます。


ここが一番ぐっときました。
しかも、わたしのことをよく知るこの牧師先生は、あえてその台詞の中に『絶対に』とつけられたのです。


神聖な気持ちのうちに、無事に式を終えることができました。


最後に、牧師先生が私達二人に『晩鐘』の絵葉書をくださいました。
あの有名な、畑で一日の終わりに夫婦がお祈りをしている絵です。

聖句は、テサロニケの言葉をいただきました。

「いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい、すべてのことに感謝しなさい」

です。

私のクリスチャンネーム、グレイスにもぴったりの言葉で、胸にしみました。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

プロフィール

さわら

Author:さわら
ねこのさわらがひなたぼっこです。
夫と2人暮らし。
小鳥さんが大好きです。

コメントなどいただけたらまいあがってよろこびます。


 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。